相手方の資力

売掛金回収において、相手方の資力が低い場合には回収を急ぐ必要があります。そもそも「資力」とは、代金などの金銭を支払う事ができる能力を指します。基本的に資力が十分にあれば売掛金も期日までに支払えるはずですから、売掛金支払いの延期を申し出てくる会社は資力が尽きかけている可能性が高いです。

もし相手方の資力が完全に尽きてしまったら、こちらは民事裁判などの法的手続きに出たところで売掛金を回収できません。そうなる前に、速やかに相手方の資力を推定し、それに適した方法で売掛金を回収する必要があるのです。以下のような兆候が相手方に見られる場合、相手方の資力が尽きかけていると判断できます。

相手方の社員と連絡がつかない、あるいは貸金業者が相手と取引している様子がある、相手が在庫処分をしているなどです。相手方の資力をある程度推定できたら、それに応じて回収方法を選びましょう。まだ相手の資力があると見込まれる場合には交渉をし、少しでも信頼関係を維持できるように努めましょう。

ただ相手方の資力が尽きかけていて、今すぐ動けば売掛金を回収できる、と判断できる場合には法的手続きを速やかに選びましょう。その際には弁護士に相談し、少しでも効率的かつスピーディに売掛金を回収しましょう。