支払い猶予の申入れ

売掛金未払いのケースによっては、相手との信頼関係を重視して支払い期限を延期する場合もあるでしょう。しかしその場合には、確実に回収できるように準備しておく必要があります。売掛金の支払い猶予の申入れは、こちらと相手の当事者同士が合意すればそれだけで可能です。ただその際には、合意内容を詳細に記載した書面を作成しておきましょう。書面には、支払いを猶予する根拠と、支払い延期後の支払い期限、そして支払い額と支払い方法、さらに期限の利益喪失条項以下の記載が必要です。

ここで、「期限の利益喪失条項」とは、「債権者として速やかに債務全額を債務者に請求できる条項」を指します。例えば相手が分割支払いを怠った場合や、破産した場合などが該当します。より確実に、売掛金回収を成功させたい場合には、この書面を「公正証書」にしてしまいましょう。公正証書にする事で、相手が約束した支払いを履行しない場合に裁判無しでの財産差し押さえ(強制執行)が可能になります。

ただこういった手続きは、素人がよく分からないまま進めてしまうと後々困る事になります。もしも売掛金回収において分からない事や困った事が生じた場合には、弁護士に相談しましょう。弁護士は法律と問題解決のプロですから、その状況に適した回収方法を提示してくれます。